転ばぬためのバランス感覚。磨くトレーニングとは?

 

みなさまこんにちは!
いよいよ12月突入ですね。
インフルエンザが流行中のようなのでお気をつけ下さいませ。
本日も健康に役立つ情報を配信していきます!
宜しくお願い致します٩( ‘ω’ )و

 

 

 

本日のテーマは…

『転ばぬためのバランス感覚。磨くトレーニングとは?』

 

 

体はバランスをとる力が弱まると、転倒しやすくなります。中高年になって、段差のないところでつまずいたり、普通に歩いていてバランスを崩したりというのも、体のバランス感覚が低下していることが問題。

 

 

では、バランス感覚を鍛えるにはどうしたらいいのか。
ポイントは『感覚』『筋肉』です。
まずは感覚、『平衡感覚』を磨くトレーニングからご紹介致します。

 

 

①平衡感覚強化トレーニング

足を揃えてしゃがみ、両手を肩幅に開いて床につきます。その状態からゆっくりと前転しましょう。そして回った勢いで元の姿勢に戻ります。

いわゆるでんぐり返しですね。子供の頃にはよくやっていたと思われますが、バランス感覚を磨くには、大人の方にもぜひやってほしい運動ですね。くれぐれも周りになにもない広いスペースで行って下さい。

 

 

バランス感覚は足腰の筋肉強化とともに磨く

平衡感覚の他に鍛えたいのが 歩く際のバランス感覚に関わる筋肉の強化です。3つのトレーニングをご紹介致します。

 

 

 

②平衡感覚も磨ける片足立ちトレーニング

両腕を水平にして伸ばし、上体を前に少しだけ傾けて、片方の脚を後ろに伸ばします。この状態で10秒間、キープして下さい。反対側も同じように行いましょう。

片脚で立つことで姿勢を保ち、バランスをとるのに必要不可欠な脚の筋肉を鍛えることができます。最初は少々グラグラするかもしれませんが、10秒間キープできるようになれば足腰が安定し、さらに平衡感覚も磨かれていきます。

 

 

③足腰の力を強化するトレーニング

足を肩幅に開き、足を八の字にして上体を前に傾けて立ちましょう。膝を少し内側にひねって曲げ、7秒間保ってください。5秒休んだら再開し、5回繰り返し。

両膝を内側に曲げて保持することにより、大腰筋と太ももの筋肉を強化することができます。スキーのボーゲンをイメージするといいですね。この運動では、ふくらはぎの引き締め効果もあるのでぜひやってみてください。

 

 

④足首を強化するトレーニング

足首は身体を支える上でもとても重要な部分です。まず、背筋を伸ばして椅子に浅く腰掛けます。足を揃えて両手を膝の上に置いてください。上体を前に傾けて、膝に体重をかけてみましょう。その姿勢のままで、かかとを上げたり下げたりを繰り返します。

この運動によって足首の力がつくだけでなく、足首のストレッチにもなって柔軟性が高まるので、不意のしにくくなります。

 

 

 

 

ぜひ参考にされてみてください!!
本日も最後までご覧いただきありがとうございました \( ˆoˆ )/

 

 

 

 

未来整骨院(未来クリニカル)

重度の腰痛・ヘルニア・頑固なしびれ・根本施術

154-0023
東京都世田谷区若林4-7-8
03-5432-7166

東急田園都市線 『三軒茶屋駅』徒歩15分
東急世田谷線 『若林駅』徒歩5分以内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です