若い身体を維持するために『成長ホルモン』を増やそう

 

みなさまこんにちは!
本日も健康に役立つ情報を配信していきます!
宜しくお願い致します٩( ‘ω’ )و

 

 

 

本日のテーマは…

『若い身体を維持するために[成長ホルモン]を増やそう』

 

 

私たちの筋肉は努力しないでいれば、年齢とともに自然に減っていきます。その一番の原因は筋肉をつくる成長ホルモンの分泌量の減少。実は成長ホルモンの分泌のピークは15歳で、20歳頃からすでに減り始めて、50歳では20歳の半分しか分泌されません。

 

 

また成長ホルモンは別名若返りホルモンと言われ、筋肉や骨が成長を終えた後も分泌され、代謝やお肌のハリ・水分量にも関係します。

 

 

成長ホルモンを増やすことができれば、筋肉量もアップし、骨も丈夫になり、見た目も引き締まるし、お肌の水分量も上がるのです。

 

 

健康な身体はもちろん、シワのない、ツヤツヤ、ぷるぷるの美肌も得られる可能性があります٩( ‘ω’ )و

 

 

 

 

成長ホルモンを増やすにはスロースクワット

 

 

成長ホルモンの分泌をうながすのに最も効果的なのは、スロースクワットのようなゆっくりとした筋トレ。
トレーニングの疲労は筋肉の中に乳酸や一酸化窒素を蓄積しますが、これが脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

 

 

また運動でエネルギーを消費することによって、細胞にいるミトコンドリアを活性化することができるのもポイントです。
ミトコンドリアは細胞の中で、食べ物から摂った栄養と酸素を使い、エネルギーを造り出していますが、運動不足になると数が減ってしまいます。

 

 

自然治癒力も免疫力も活性酸素を撃退するSOD酵素の合成も、すべてミトコンドリアがつくるエネルギーがなくては成り立たないため、ミトコンドリアが増えれば代謝がよくなり、若々しい身体を保つことができるというわけです!

 

 

ミトコンドリアは筋肉の中でも背中、腰回り、太ももにいちばん多く含まれています。
だからこそ尚更、このポイントを鍛えられるスロースクワットがおすすめなのです。

 

 

<スロースクワットの作法>

①脚を肩幅に開き、腕は体の前へ。

②お尻を後ろに突き出しながら、ゆっくりと下ろす。

③太ももと床が平行になるまで下ろしたら、1秒静止。

④ゆっくりと立ち上がり、膝を伸ばし切る手前で②の動作へ(以降②〜④を繰り返す)

 

 

一度に何十回も行うのはキツイですから、10回を1セットとして、1日に数回行いましょう!
身体に不調がある時は中止しましょう。
中々に身体を活性化させる、良い運動になりますよ(^-^)

 

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました \( ˆoˆ )/

 

 

 

 

未来整骨院(未来クリニカル)

重度の腰痛・ヘルニア・頑固なしびれ・根本施術

154-0023
東京都世田谷区若林4-7-8
03-5432-7166

東急田園都市線 『三軒茶屋駅』徒歩15分
東急世田谷線 『若林駅』徒歩5分以内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です